サンダー ディオン・ウェイターズとの延長契約見送りか?

【スポンサーリンク】

昨季中のトレードでクリーヴランド・キャバリアーズから獲得したディオン・ウェイターズに対し、オクラホマシティ・サンダーは延長契約をオファーしない模様。realgm.comが伝えている。

延長契約を結ばなかった場合、ウェイターズは来年夏に制限付きFAとなる。

サンダーは他チームのいかなるオファーにもマッチすることができるが、ウェイターズはスコアリングでさらなる存在感を示さなければならないだろう。

キャリア4年目を迎えているウェイターズは今季、サンダーで4試合に出場し、平均7.5得点、4.0リバウンド、2.3アシスト、FG成功率36.7%、3P成功率37.5%を記録。

今季はケビン・デュラントの復帰、および出場時間の減少(平均26.5分)に伴い、現時点ではキャリアワーストの平均得点にとどまっている。

なお、昨季はサンダーで47試合に出場し、平均30.3分のプレイで12.7得点、2.9リバウンド、1.9アシスト、1.0スティール、FG成功率39.2%、3P成功率31.9%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA