ハムストリング負傷のダレン・コリソン MRI検査結果は「良くない」

【スポンサーリンク】

サクラメント・キングスのバックアップポイントガードを務めるダレン・コリソンが、ハムストリングを負傷した模様。

ゴールデンステイト・ウォリアーズ戦を欠場し、MRI検査を受けたコリソンだが、CSN Bay Areaによると、MRI検査の結果は「良くない」という。

長期離脱の可能性も指摘されており、もし復帰までに時間がかかるようであれば先発ポイントガードのレイジョン・ロンドに大きな負担がかかることになるだろう。

なお、バックアップガードであり、ステフィン・カリーの弟であるセス・カリーも足首の負傷で離脱中だ。

一方で、脳震盪で離脱中のデマーカス・カズンズは間もなく復帰できる見込みとなっている。

コリソンはロンドのバックアップながら、今季は平均30.7分の出場時間を獲得し、15.8得点、5.2アシスト、FG成功率45.5%、3P成功率42.1%を記録。

特にスコアリングでの貢献が目立つため、キングスはオフェンスに苦しむこととなるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA