デマーカス・カズンズ「解決しなければならない問題がある」

【スポンサーリンク】

レイジョン・ロンドらを獲得し、本格再建が期待されているサクラメント・キングスだが、今季1勝7敗と再建の兆しが見られない。

もちろんカズンズがアキレス腱の負傷で離脱せざるを得なかったことも、大きな要因のひとつと言えるだろう。

とはいえ、1勝7敗という成績に納得しているキングスファンはいない。

オールスターセンターのデマーカス・カズンズは、キングスが波に乗れていない現状を次のように分析。CSNBayArea.comが伝えている。

「俺らには解決しなきゃいけない問題がある。どんな問題かは言えないけど、ひとつ挙げるとすれば、我々プレイヤーは団結しないといけない」

「選手だけでのミーティングを開く。問題を明らかにするためにね。だけど、この部屋にいる全員を俺は信頼してる。俺らは一緒にいなきゃいけない。問題を解決しなきゃいけないんだ」

個性豊かな選手たちが揃うキングスだが、ジョージ・カールHCもこれらの選手たちをまとめるのには骨が折れることだろう。

一方、成績不振のうえ、早くもチーム内不和が浮上したことにより、カールHCの解任論も浮上している。

なお、プレイヤーとコーチ陣による臨時ミーティングも開催されたようで、ブラデ・ディバッツはミーティングに手応えを感じているようだ。

「我々は問題に立ち向かった。最も重要なことは、我々が同じページにいるということなんだ。みんながオープンに話し合ってくれたこと。私はすごく嬉しいよ」

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By たろう

    脳震盪じゃなくてアキレス腱を痛めたんじゃなかったっけ?

    • By nba-sweetdays

      ご指摘ありがとうございます。

      おっしゃる通りです!
      助かりましたm(_ _)m

*

CAPTCHA