リハビリ中のラマー・オドム 友人と家族を認識できず

【スポンサーリンク】

生死の淵から蘇り、なんとか会話できるまでに回復したとされるラマー・オドムだが、状況は思ったより改善していないようだ。

TMZによると、オドムの状況はここ数週間で一向に改善されず、話せる言葉も乏しく、時には中身が抜けたような状態になるという。

また、長年の友人と家族を認識できないこともあり、医者によると、脳に重篤な障害を負っている可能性がある模様。

ラスベガスの売春宿で意識不明の状態で発見され、病院に緊急搬送されたオドム。

目を覚ました時には、ベッドサイドで寄り添っていたクロエ・カーダシアンに言葉をかけ、歩行訓練ができるまでに回復していたオドムだが、それ以降は喜べない状況が続いているようだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA