キャリア18年のダーク・ノビツキー「現行の契約をまっとうする」

【スポンサーリンク】

キャリア18年の大ベテラン、ダーク・ノビツキーは、来年6月に38歳となる。

今年の夏に開催されたユーロバスケット選手権を最後にドイツ代表を引退しただけに、今季終了後の去就に注目が集まっているが、ノビツキーは契約最終年となる来季まで現役を続行するようだ。

ノビツキーは自身の現状と引退について次のように言及。USA Todayが伝えた。

「いつも言ってるように、体が毎日痛い時、プレイするのが苦しい時が引退する時だと思う。でも調子が良いんだ。今の俺は調子が良いし、この夏の調子が良かった。(ユーロバスケット)では6日で5試合をこなした。それでも調子が良かったんだ。プレイや練習のために1000の錠剤は必要ない。調子が良い限り、これからが楽しみだね。間違いなく今の契約をまっとうするつもりさ」

今季9試合を終えた時点で、ノビツキーは平均27.8分のプレイで17.8得点、7.2リバウンド、FG成功率52.6%、3P成功率50.0%と好調を維持している。

全盛期のようなパフォーマンスは難しくなったとはいえ、これだけのスタッツを残せるのはレジェンドクラスの選手だけだろう。

将来の殿堂入りプレイヤーのパフォーマンスは、これからも多くのファンを魅了するに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA