シクサーズのブレット・ブラウンHC スパーズに嫉妬心を抱く

【スポンサーリンク】

開幕11連敗と苦しい出だしを強いられているフィラデルフィア・セブンティシクサーズは、おそらく今季もドアマットから脱却できないだろう。

ここ数年のドラフトで将来有望な選手を獲得するも、シクサーズの成績はなかなか上を向かない状態が続いている。

グレッグ・ポポビッチHCと共にサンアントニオ・スパーズで12シーズンを過ごしたシクサーズのブレット・ブラウンHCは、ストレスのかかる日々を過ごしているに違いない。

そのブラウンHCは古巣スパーズに嫉妬を感じるも、スパーズのような常勝チーム構築を求めている模様。ブラウンHCのコメントをthe Philadelphia Inquirerが伝えている。

「(スパーズに)少し嫉妬してるよ。彼らが持ってるものが欲しい。彼らは時間をかけて作り上げてきた。彼らが作り上げた文化は素晴らしいんだ」

シーズン途中からヘッドコーチに就任した1996-97シーズンを除き、ポポビッチHCはすべてのシーズンでスパーズをプレイオフ進出に導いている。

そのポポビッチHCの下で学んだ哲学を、ブラウンHCはシクサーズに浸透させられるだろうか。

なお、昨季のシクサーズは開幕17連敗を記録。
リーグの開幕連敗ワースト記録である18連敗(2009-10のニュージャージー・ネッツ)まであと1敗まで迫った。

また、昨季中はアメリカのメジャースポーツワースト記録となる27連敗まであと1敗まで迫る26連敗を喫した。

シクサーズは今後、インディアナ・ペイサーズ、シャーロット・ホーネッツ、マイアミ・ヒート、ミネソタ・ティンバーウルブズ、ボストン・セルティックス、ヒューストン・ロケッツ、メンフィス・グリズリーズとの対戦を控えており、これらのチーム相手に全敗した場合、リーグワーストタイの開幕18連敗。
また、続くロサンゼルス・レイカーズ戦で敗れると、リーグ史上ワーストの開幕19連敗という不名誉な記録を樹立してしまう。

一方、ポポビッチHCはかつての仲間であるブラウンHCについて、こう話している。

「神に誓って言うが、彼はあのチームをコーチングするのが大好きなんだ」

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA