タイ・ローソン ベンチ出場への変更について「問題ない」

【スポンサーリンク】

4連敗中だったヒューストン・ロケッツは、長くチームを率いていたケビン・マクヘイルHCを電撃解雇した。

4連敗脱出をかけたポートランド・トレイルブレイザーズ戦では第4Qで怒涛の反撃を仕掛け、オーバータイムの末に辛くも勝利。

この勝利をきっかけに、今後の成績上昇を期待したいところだが、これまで先発ポイントガードを任されてきたタイ・ローソンはブレイザーズ戦でベンチ出場。

デンバー・ナゲッツ時代にはチームを痛烈批判した経緯があるだけに、ローソンのメンタルが気になるところ。

そのローソンはベンチ出場への変更について次のようにコメントした。clutchfans.netが伝えている。

「チームの勝利のためなら、どんなことだってやる準備はできてるよ。(ベンチ出場でも)問題ないね」

ローソンはブレイザーズ戦で約20分プレイし、わずか2得点、1アシスト、1スティールに終わった。

とはいえ、ローソンがベンチからスコアリングをもたらせるようになれば、ロケッツにとって新たなオフェンスオプションとなるだろう。

なお、JB・ビッカースタッフ臨時HCはローソンのベンチ起用についてこう話している。

「ジェイムス・ハーデンと別々にプレイさせるため。ローソンはボールを手にして生きるタイプだからね。ハーデンがベンチにいる時はローソンがコートにいる」

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA