ティモフェイ・モズコフ 三角筋の負傷で10~14日の離脱へ

【スポンサーリンク】

クリーヴランド・キャバリアーズの先発センターを務めるティモフェイ・モズコフは、日本時間20日に行われたミルウォーキー・バックス戦第2Qで肩を負傷し、途中退場した。

そのモズコフが21日のMRI検査を受けた模様。

クリーヴランドの病院でMRI検査を受けたモズコフだが、三角筋を痛めていることが発覚し、10~14日離脱しなければならないという。キャブスが公式ホームページで発表している。

また、ポイントガードのモー・ウィリアムスも同日にMRI検査を受け、依然として足首に炎症が見られ、22日のオーランド・マジック戦および24日のアトランタ・ホークス戦に出場できるかまだ分からないようだ。

キャブスは相次ぐ負傷者に苦しめられている。

ウィリアムズとモズコフの他、先発のカイリー・アービングとイマン・シャンパートはまだ今季1試合もプレイしておらず、モズコフが離脱することにより、キャブスの先発5人中3人が離脱する事態となってしまった。

モズコフが離脱している間、先発センターにはトリスタン・トンプソンもしくはアンダーソン・バレジャオが起用される見込みだ。

なお、今季のモズコフは12試合に出場し、平均20.8分のプレイで7.9得点、4.6リバウンド、1.1ブロックショット、FG成功率51.6%、フリースロー成功率77.8%を記録。

昨季より出場時間が5分程度減少しているということもあり、スタッツを若干落としている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA