シクサーズ ジードルナス・イルガスカスにジョエル・エンビードへのアドバイスを依頼

【スポンサーリンク】

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビードは、今季も全休することが予想されている。

昨年のドラフトでシクサーズ入りして以来、まだプロデビューを果たしていないエンビードだが、フィジカルだけでなくメンタルにもダメージを負っていることだろう。

期待のセンター、ジャリル・オカフォーが先発として実績を残していることも、それに拍車をかけているかもしれない。

Philadelphia Inquirerによると、そんなエンビードを勇気づけるためか、シクサーズはジードルナス・イルガスカスにエンビードにアドバイスをするよう求めたという。

1996年のドラフトでクリーヴランド・キャバリアーズに入団したイルガスカスは、ルーキーシーズンを足の骨折で全休。

翌年はレギュラーシーズン全試合に出場するも、その後も怪我に苦しみ続け、1998-99シーズンは左足の骨折でわずか5試合の出場、1999-2000シーズンは右足の骨折で全休した。

だが、イルガスカスは度重なる怪我にも耐え続け、2003年と2005年にはオールスターに選出。

そして、イルガスカスの背番号はキャブスの永久欠番となった。

イルガスカスの経験談は、エンビードにとって励みとなるだろう。

来季はダリオ・ダリッチもチームに加わり、さらにエンビードも復帰する。

今季はいまだ勝ち星を挙げることができていないシクサーズだが、来季は間違いなく強力なロスターとなるはずだ。

なお、ブレット・ブラウンHCはエンビードの現状について、こう話している。

「彼の回復状況は素晴らしい。マインドも素晴らしい。彼はやれることなら何でもやると決心してるんだ」

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    スクラップビッグマウスと名付けよう

*

CAPTCHA