エマニュエル・ムディエ マイケル・マローンHCとの口論を謝罪

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・クリッパーズに敗れたことで、デンバー・ナゲッツは連敗を4に伸ばしてしまった。

ナゲッツは再建中のチームであり、ある程度の連敗は予測できるが、ルーキーポイントガードのエマニュエル・ムディエはナゲッツの現状にフラストレーションを感じていたのだろう。

敗戦ムード濃厚なクリッパーズ戦第4Q、ムディエはマイケル・マローンHCに食ってかかり、両者を口論を繰り広げた。

ムディエは自身に非があったことを認めると、マローンHCに謝罪したという。ムディエのコメントをthe Denver Postが伝えている。

「俺ら二人は戦う気持ちを持ってる人間なんだ。あれ(口論)は多分俺に非がある。俺にはもっとたくさんできることがあった。だから自分自身を責めた。コーチに反抗するつもりはないし、俺は彼をリスペクトしてるよ。彼は素晴らしい人間だからね」

「俺らは勝ちたい。負けるのは嫌い。今は4連敗中だけど、俺らは勝利に向けてチャレンジしてるだけ。今な次のゲームに目を向けてる。俺の人生はそんな感じさ」

一方のマローンHCは、感情の爆発による口論だったとし、ムディエとの関係に何の影響も及ぼさないとしている。

「フラストレーションが溜まってるよね。4連敗中だから。勝つための方法を見つけ出すだけ。勝利は誰にとっても素晴らしい万能薬になる。クリッパーズも3連敗中だったようにね。男たちはコートでベストを尽くすために懸命に働く。感情が関係することだってあるよ。エマニュエルだけじゃなく、他の選手たちとの間には何の問題もない。この状況を打開するため、我々は共に戦い続けるつもりさ」

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA