マシュー・デラベドバ ふくらはぎ負傷で離脱

【スポンサーリンク】

昨季に続き、今季のクリーヴランド・キャバリアーズも負傷者続出に苦しめられている。

先発ポイントガードのカイリー・アービングの復帰が遅れている中、同じく先発のイマン・シャンパートとティモフェイ・モズコフも負傷離脱中。

負傷離脱していたベテランポイントガードのモー・ウィリアムスは日本時間25日のトロント・ラプターズ戦で復帰する見込みではあるものの、入れ替わるようにしてマシュー・デラベドバが離脱することとなってしまった。

thescore.comによると、デラベドバはふくらはぎに問題を抱えており、デイビッド・ブラットHCはラプターズ戦でデラベドバを休ませる方針を明かしたという。

今季のデラベドバは14試合に出場し、ウィリアムスが欠場した3試合で先発。
平均26.8分のプレイで7.9得点、2.3リバウンド、5.9アシスト、FG成功率44.2%、32P成功率38.5%を記録している。

なお、ブラットHCはデラベドバについて次のようにコメントした。

「今夜は彼を休ませることにした。うまくいけば2日間の休みで回復するだろう。回復すれば(日本時間28日の試合は)プレイするよ」

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA