パット・ライリー「ウォリアーズは王朝の第一段階にある」

【スポンサーリンク】

現役時代にロサンゼルス・レイカーズでプレイした経験があるパット・ライリーは、当時のチームメイトであるジェリー・ウェストとゲイル・グッドリッチが史上最高のバックコートだったと信じている。

だが、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーとクレイ・トンプソンの台頭により、ライリーの考えは変わるかもしれない。

当時のレイカーズは33連勝を記録するなど、まさに王朝と呼べる時代を築き上げたが、ライリーは現在のウォリアーズが今後王朝を築く可能性があると感じている模様。ライリーのコメントをthescore.comが伝えた。

「私が見てきた中では、彼ら(カリーとトンプソン)ジェリー・ウェストとゲイル・グッドリッチ以来最もダイナミックなバックコートだ」

「彼ら(ウェストとグッドリッチ)はシュートもあったし、ドライブもあったし、パスもあった。今見ているもの(カリーとトンプソン)がそれだ」

「彼ら(ウォリアーズ)は王朝の第一段階にある。なぜなら、彼ら全員がキープレイヤーであり、若く、才能がある。アンドレ・イグダーラ、アンドリュー・ボガット、ショーン・リビングストンらベテランはチームに素晴らしい要素をもたらしてるよね。彼らにチャレンジするのは非常に難しいだろう。だが、我々はそうするためにここにいる」

日本時間25日に行われたロサンゼルス・レイカーズ戦で圧勝したことにより、ウォリアーズはリーグ初となる開幕16連勝を達成した。

ライリーの言葉を信じるのであれば、ウォリアーズは今後ますます成長を遂げるだろう。

果たしてどのチームがウォリアーズの勢いを止めるのだろうか?

もし止めるとしたら、レブロン・ジェイムス率いるクリーヴランド・キャバリアーズ以外にないのかもしれない。

なお、キャブス対ウォリアーズの昨季のファイナルリマッチは、日本時間12月26日に予定されている。

キャブス戦までのウォリアーズのスケジュール

日付開始時間対戦相手
11月28日(ロード)11:30フェニックス・サンズ
11月29日(ホーム)12:30サクラメント・キングス
12月1日(ロード)11:00ユタ・ジャズ
12月3日(ロード)9:00シャーロット・ホーネッツ
12月6日(ロード)7:00トロント・ラプターズ
12月7日(ロード)8:00ブルックリン・ネッツ
12月9日(ロード)9:00インディアナ・ペイサーズ
12月12日(ロード)9:30ボストン・セルティックス
12月13日(ロード)10:30ミルウォーキー・バックス
12月17日(ホーム)12:30フェニックス・サンズ
12月19日(ホーム)12:30ミルウォーキー・バックス
12月24日(ホーム)12:30ユタ・ジャズ

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA