ジャリル・オカフォー 過去の問題が次々発覚

【PR】

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのルーキーセンター、ジャリル・オカフォーは先日、ボストンのナイトクラブ店外で複数の男性と口論になり、ストリートファイトを繰り広げた。

「お前らはこれからも絶対に勝てない」と言われたことに腹を立て、ストリートファイトに発展したとされているが、相手男性によると、連れ添っていた女性にオカフォーがしつこく電話番号を聞いてきたため、ストリートファイトに発展したと説明しているという。

両者の意見が食い違う中、オカフォーにはさまざまな問題が浮上しているようだ。

今年10月にも複数の男性と口論になり、相手男性から銃を突きつけられるという事態に発展。

さらに、the Philadelphia Inquirerによると、オカフォーは3週間ほど前に65kmのスピードオーバーで車を運転していたことが発覚した模様。

まだ詳細は分かっていないものの、すべてが事実だとすれば、オカフォーには何らかの処罰が下ることになるだろう。

リーグがルーキー選手を対象に行っている研修制度をクリアしたはずだが、もう一度研修制度を見直さなければならないのかもしれない。

なお、オカフォーはすべての問題に対してすでに謝罪している。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By kobe24

    ドラフトの時にディアンジェロをドラフトして良かったと感じました…(・ω・)ノスターの才能は見せてますが素行が悪いのはいただけませんね…(・ω・)ノ若気のいたりと言えばそこまでではありますが…(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      オカフォーにも問題があったと思いますが、リーグの研修制度が問題になりそうですよね・・・

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読