ウィザーズ FAセンターのライアン・ホリンズと契約合意

【スポンサーリンク】

2年連続でプレイオフ・カンファレンスセミファイナルまで進出したワシントン・ウィザーズは、現在4連敗中と調子を落としている。

6勝8敗でイースタン・カンファレンス12位のウィザーズだが、ネネが負傷離脱したことでインサイドに不安を残す状況だ。

Yahoo Sportsによると、ウィザーズはこの穴を埋めるべく、FAセンターのライアン・ホリンズと契約合意に至った模様。

サクラメント・キングスから解雇された後、ウィザーズはホリンズとの契約を検討したとされているが、実現はしなかった。

キャリア9年のホリンズは、2006年のドラフト全体50位でシャーロット・ボブキャッツ(現ホーネッツ)に入団。

その後、ダラス・マーベリックス、ミネソタ・ティンバーウルブズ、クリーヴランド・キャバリアーズ、ボストン・セルティックス、ロサンゼルス・クリッパーズ、そしてキングスと、1チームに定着することができていない。

昨季はキングスでレギュラーシーズン46試合に出場し、うち9試合で先発。
平均9.6分のプレイで3.0得点、2.2リバウンド、FG成功率64.6%、フリースロー成功率57.4%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA