バイロン・スコットHC「来年のドラフトのことは考えてない」

【スポンサーリンク】

コービー・ブライアントが今季限りでの現役引退を発表したロサンゼルス・レイカーズだが、おそらく今季のプレイオフに進出することはないだろう。

となると注目を集めるのが、来年のドラフトだ。

現在の成績が続くようであれば、ドラフト上位指名権を獲得できる可能性が高くなる。

ドラフト上位指名権を獲得するため、バイロン・スコットHCらレイカーズのフロントオフィスはこれ以上の成績を求めないのでは?という噂もすでに出始めている中、スコットHCがこの噂を否定。スコットHCのコメントをthe Los Angeles Daily Newsが伝えた。

「それについてはまったく考えてないよ。多分4月まで考えない。私にコントロールできることじゃないからね」

そう話すスコットHCだが、スコットHCの手腕に疑問を抱くファンも多い。

もしドラフト上位指名権獲得を狙うとしても、レイカーズファンの不満を鎮めるのは難しいかもしれない。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By kobe24

    今年のプロテクトは去年よりも厳しいですからね(・ω・)ノそれに、ランドル、クラークソン、ラッセルと優秀な若手は揃えましたから狙う必要もないですし(・ω・)ノもし、取れたとしたら即戦力とトレードするか行使しても良いのですが若手が多すぎるとそれはそれとして問題な気がしますしね(・ω・)ノ宝の持ち腐れ状態になりそうで(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      前から言ってますが、やはりセンターが欲しいです(^_^;)
      ヒバートとは対照的なフィジカルなセンターが・・・

*

CAPTCHA