アンソニー・デイビス ペリカンズについて「セルフィッシュなプレイをやめないと」

【スポンサーリンク】

昨季は2010-11シーズン以来となるプレイオフ進出を果たしたニューオーリンズ・ペリカンズは、ゴールデンステイト・ウォリアーズでタイトル獲得を経験したアルビン・ジェントリーをヘッドコーチに迎え入れた。

今季もプレイオフに進出できるだろうと楽観視されていた中、現時点で勝率5割を大きく割り込み、ウェスタン・カンファレンス14位と、早くもプレイオフ進出に黄色信号が灯っている。

その大きな原因のひとつは、負傷者が相次いでいることだろう。

だが、エースのアンソニー・デイビスは、続出する負傷者だけが原因ではないと考えている模様。デイビスのコメントをNBA.comが伝えている。

「俺らは共にもっとハードに、もっとタフにプレイしないといけない。勝つ方法を見つけ出してるところ。チームとしてもっと近い関係になって、互いを信頼しあわなければいけないよね。セルフィッシュなバスケットボールをプレイするのはやめないと」

負傷離脱していた選手は復帰してきているが、強豪ひしめくウェストにおいて、ここからの追い上げは非常に難しい。

とはいえ、主力の負傷離脱により、ベンチ選手にはより多くの出場機会が与えられることとなった。

若いチームにとって貴重な経験を積める一年となるのは間違いなさそうだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By あゆむ

    レブロンや他のレジェンドのように全盛期をフランチャイズで無駄にして欲しくないですね
    デイビスは明らかにリーグで折り紙つきの実力者ですが周りを固めてる役者に問題があるのかと思います
    ケミストリーどうこうよりも根本的にチームを組み直すか移籍したいとこですが契約してしまいましたもんね….

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      デイビス、なんか小さな怪我をちょくちょくしてますよね・・・
      ちょっと心配です。

      現状が続けば2月のトレード期限までには動きがあるかもしれませんね!

*

CAPTCHA