クレイ・トンプソン「最高のチームで犠牲になるほうを選ぶ」

【スポンサーリンク】

リーグトップクラスの能力を有しながらもチームのエースとなれない選手もいる。

その代表例として挙げられるのが、ゴールデンステイト・ウォリアーズのクレイ・トンプソンだろう。

昨季MVPのステフィン・カリーが今季もMVPクラスのパフォーマンスを続けており、チームも開幕連勝記録を伸ばし続けている。

だが、トンプソンにスポットライトが当たることは少ない。

その状況にトンプソンは満足しているのだろうか?

トンプソンは自身について次のようにコメント。Sports Illustratedが伝えた。

「勝つのはすごく楽しいよ。数字を立て、ひとつのチームのトップ選手になること。そして犠牲になって、NBAでベストチームの一員になること。俺ならどんな時だって後者を選ぶね。このチームのロッカールームには、他のチームでならフランチャイズプレイヤーになれる選手がたくさんいる。そんなの問題じゃない。結局のところ、みんなの記憶に残るのはチャンピオンシップのこと。それが肝心なことなんだ」

ウォリアーズが勝利し続ける限り、トンプソンは影でチームを支えていく心構えなのだろう。

とはいえ、チームのトップ選手になることを求めて他チームへ移籍することは、決して悪いことではない。

オクラホマシティ・サンダー時代にシックスマン・オブ・ザ・イヤーを受賞し、2011-12シーズンはファイナル進出を果たしたジェイムス・ハーデンは、その後ヒューストン・ロケッツへ移籍。

ロケッツではエースとしてチームを牽引し、昨季はレギュラーシーズンMVP候補にノミネートされるまでになった。

現時点で想像するのは難しいが、もしウォリアーズに衰退の影がチラつき始めたとしても、トンプソンはウォリアーズでプレイし続けるのだろうか?

それともより勝利できる、かつ活躍できる場を求め、移籍の決断を下すのだろうか?

とはいえ、今後数年でトンプソンがウォリアーズを離れることはないだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA