マイク・ダンリービー 手術後の回復遅れでさらに4~6週間の離脱見込み

【スポンサーリンク】

今から約2カ月前に腰を手術し、リハビリを続けていたシカゴ・ブルズのマイク・ダンリービーだが、復帰時期がさらにずれ込むことなるかもしれない。

手術当時、ダンリービーの離脱期間は8~10週間程度とされていたものの、Yahooによると、ダンリービーの腰の回復状況は思わしくなく、さらに4~6週間離脱する見込みだという。

ダンリービー不在のブルズは、現時点で11勝5敗、イースタン・カンファレンス2位と好調を維持している。

だが、さらなる高みを狙うためには、ダンリービーの3Pショットが必要となるだろう。

ダンリービーはこのオフにブルズと3年1440万ドルの契約を結んだばかりだった。

なお、35歳のダンリービーは昨季、レギュラーシーズン63試合に出場し、平均9.4得点、3.9リバウンド、1.8アシスト、FG成功率43.5%、3P成功率40.7%を記録。

プレイオフでは12試合に出場し、平均10.9得点、4.0リバウンド、2.6アシスト、FG成功率48.9%、3P成功率48.2%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA