ロケッツ マーキーフ・モリスのトレード獲得に興味か?

【スポンサーリンク】

マーカス・モリスがデトロイト・ピストンズへトレードされたことに腹を立て、フェニックス・サンズのマーキーフ・モリスはチームのトレードを要求した。

だが、サンズはモリスを重要な戦力として考えており、最終的にモリスはサンズに残留。

そのモリスを、不振が続くヒューストン・ロケッツがトレードでの獲得を狙っている模様。

ESPNによると、新たに100人以上の選手がトレード可能となる日本時間12月16日以降、ロケッツはモリスのトレードをサンズに打診する可能性があるという。

ここ最近のモリスは、十分な出場機会を得ることができていない。

日本時間12月3日のピストンズ戦を欠場すると、続くワシントン・ウィザーズ戦では先発から外された。

また、12月7日のメンフィス・グリズリーズ戦ではコーチの判断で欠場すると、翌8日のシカゴ・ブルズ戦はベンチから出場するも、わずか7分のプレイに終わった。

負傷しているのかどうか定かではないが、サンズはモリスを戦力外として考えるようになったのだろうか。

いずれにせよ、トレード期限までにさまざまな憶測や噂がが飛び交いそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA