ディアンジェロ・ラッセル コービー・ブライアントについて「俺らの時代のマイケル・ジョーダン」

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・レイカーズのルーキーポイントガード、ディアンジェロ・ラッセルは、先日の試合で先発から外され、試合序盤をベンチで観戦した。

それでも腐ることなく、今季限りでの現役引退を表明したコービー・ブライアントをいつもと異なる角度で見ることにより、多くを学べると感じているようだ。

ラッセルはブライアントについて次のようにコメント。Yahoo Sportsが伝えている。

「(ブライアントを)見る時はいつだって、ただのひとりのファンになる。そして、彼のあらゆる動きを観察してるんだ。彼は俺らのマイケル・ジョーダン。俺らの時代のね」

「彼はまだ簡単にプレイしてるように見える。『彼はもがいてる』とか『ショットをミスしてる』とか言われるけど、彼はまだ簡単にプレイしてるように見えるんだ」

ラッセルと共に先発を外れたジュリアス・ランドルも、おそらくベンチで多くのことを学んでいるのだろう。

とはいえ、レイカーズの未来を担うとされる選手なだけに、コートでより多くの経験を積んでもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA