レジー・ミラー「全盛期ならステフィン・カリーを倒せる」

【PR】

現在のリーグでベスト3Pシューターを挙げるとすれば、真っ先に名前が出るのはゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーだろう。

キャリアを終える頃には数々の記録を樹立しているであろうカリーだが、かつてインディアナ・ペイサーズでプレイし、リーグ史上偉大な3Pシューターのひとりとして知られるレジー・ミラーは、自身の3Pに絶対的な自信を持っているようだ。ミラーのコメントをthe New Yorkerが伝えている。

「デール・エリスやラリー・バード、クレイグ・ホッジス、クリス・マリンといったすべての偉大なシューターは、いつだって自分自身が世界最高のシューターだって信じてたんだ。だから、私も全盛期の時はステフを倒せただろうね。私のフォームは彼ほど良くない。だけど、すべては結果さ」

ミラーはキャリア18年で通算2560本の3Pを成功(39.5%)させた一方で、キャリア7年目に突入しているカリーは通算1310本の3Pを成功(44.2%)させている。

大きな怪我などがなければ、おそらくカリーは3P成功本数でミラーを大きく上回るだろう。

ミラーの記録に並ぶには、あと1200本以上の3Pを成功させなければならない。

とはいえ、ここ数年は毎年260本以上の3Pを決めてきているカリーだけに、ミラーの記録を上回るのはそう遠い未来のことでもない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読