30歳を迎えたドワイト・ハワード「求めるものはチャンピオンシップ勝利だけ」

【スポンサーリンク】

ヒューストン・ロケッツのドワイト・ハワードが、日本時間12月9日に30歳となった。

バースデーゲームとなったブルックリン・ネッツ戦は敗れてしまったものの、これからのハワードはバスケットボールにより集中していくのかもしれない。

30歳の誕生日を迎えたハワードが、今後の豊富を語った模様。ESPNが伝えている。

「俺が何のためにプレイするのか。それはただひとつ、チャンピオンシップに勝つためだけさ。その時がやってきたら、すごく感謝するだろうね」

オーランド・マジック時代にファイナルを経験しているハワードだが、ここ数年は度重なる怪我に悩まされ、自身とファンが納得できるだけのパフォーマンスを続けることができていない。

年齢を考えると、ハワードにとって今後2、3年が勝負の年となるだろう。

ハワードは“スーパーマン”と呼ばれた頃のパフォーマンスレベルを取り戻すことができるのだろうか?

今季は調子が上がらないロケッツだが、ハワードには救世主としての活躍も期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA