ペリカンズ ライアン・アンダーソンのトレードを計画か?

【スポンサーリンク】

昨季は2010-11シーズン以来となるプレイオフ進出を果たしたニューオーリンズ・ペリカンズだが、今季は早くもプレイオフ進出が難しい状況となっている。

主力選手の負傷離脱も大きな要因と言えるだろう。

その中でもベテランシューターのライアン・アンダーソンは安定したパフォーマンスを続けているが、今季終了後にFAとなるアンダーソンにトレードの噂が浮上した模様。

アンダーソンが来年夏にペリカンズと再契約しない場合、チームは何の見返りもなくベテランシューターを放出してしまうことになる。

そのため、少しでも見返りを得るべく、ペリカンズはアンダーソンのトレードに興味があるチームを探しているという。

ただし、アンダーソンの価値に見合った選手を探しているようで、もし見つからないようであればトレードに応じる可能性は低い。

現時点ではフェニックス・サンズのマーキーフ・モリスとのトレードが噂されているが、ペリカンズがこのトレードに応じるかは未定だ。

今季21試合に出場した時点で、アンダーソンは平均18.0得点、7.0リバウンド、1.2アシスト、FG成功率44.7%、3P成功率37.6%を記録。

ほとんどのスタッツでキャリア平均を上回っており、サイズとアウトサイドを有するアンダーソンには多くのチームが興味を示すかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA