カーメロ・アンソニー チャールズ・バークレーのリーダーシップ批判に反論

【スポンサーリンク】

レジェンドのチャールズ・バークレーは先日、カーメロ・アンソニーのリーダーシップをテレビ番組内で批判した。

昨季より良い成績を残しているニューヨーク・ニックスだが、プレイオフで戦えるだけのチームにはまだ戻っていない。

バークレーは、その現状がアンソニーのリーダーシップ欠如にあると考えているのだろう。

バークレーのリーダーシップ批判に対し、アンソニーが反論した模様。the New York Daily Newsが伝えている。

「俺とチームメイトたちは会話をしてるし、選手だけのミーティングもやってる。俺は自分の意見を率直に言ってるし、みんなの意見も聞いてる。問題は、誰かがいつも他の人と比較しようとしてること。俺にとってはつならないことだし、神経を逆撫でするよね」

「今してることより何をやればもっと良いリーダーになれるのか、俺には分からない。(バークレーが)言ってることが分からないんだ。みんなそれぞれの解釈があるよね。だから俺には何を言うべきか分からないね」

今季のアンソニーはチームを鼓舞するプレイを続けているものの、バークレーにとってはまだ満足できるレベルではないのかもしれない。

プレイオフに復帰すれば、バークレーもアンソニーのリーダーシップを認めるだろう。

現時点で11勝14敗、イースタン・カンファレンス12位にとどまっているニックスだが、アンソニーにはバークレーを見返すだけの活躍を期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA