ドウェイン・ウェイド 不調のゴーラン・ドラギッチに「シュートしろ」

【スポンサーリンク】

昨季途中のトレードでマイアミ・ヒートに移籍し、さらなる活躍が期待されているゴーラン・ドラギッチだが、今季はショットの調子が思わしくない。

今季22試合を終えた時点で、ドラギッチは平均10.9得点、FG成功率43.1%、3P成功率28.8%を記録。

平均得点は2010-11以降、FG成功率はルーキー当時の2008-09シーズン以降もっとも低い数字であり、3P成功率はキャリアワーストだ。

日本時間13日のメンフィス・グリズリーズ戦ではFG14本中3本の成功に終わり、5本の3Pをすべて外したドラギッチだが、ドウェイン・ウェイドはドラギッチにもっとシュートを打つよう求めているようだ。ウェイドのコメントをPalm Beach Postが伝えている。

「彼(ドラギッチ)には『シュートを打て』と伝えたんだ。単純なことさ。俺らは彼にアグレッシブに攻めてもらいたい。ときどきリズムを失うよね。だけど、俺は彼にアグレッシブにやってもらいたい。俺がペネトレイトして彼にパスをさばく時は、シュートの準備ができてないと。適切な時間帯でアグレッシブにプレイして、シュートを打ってもらいたい。彼にはこのことを聞いてもらいたい。ボールを持ってない時に彼はスコアラーになるんだ。俺の仕事だね。俺らの間には素晴らしい関係がある。彼にはこのことを伝えるよ。彼はすごく良いシューター。そのメンタルを持たないと」

ドラギッチは何か遠慮しているのだろうか?

それとも単に自身を失っているだけなのだろうか?

ヒートの復活のためにも、ドラギッチはには自信を取り戻してもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA