JJ・レディック「俺らはサンアントニオやゴールデンステイトほど良くない」

【スポンサーリンク】

大型補強に成功したロサンゼルス・クリッパーズは、優勝候補に一角として挙げられている。

現時点で16勝12敗、ウェスタン・カンファレンス4位と悪い成績ではないものの、期待を下回るパフォーマンスにとどまっていると言えるだろう。

だが、ウェスト首位のゴールデンステイト・ウォリアーズとは今季2度対戦し、いずれも敗戦。

また、ウェスト2位のサンアントニオ・スパーズとの今季初対決となった日本時間12月19日の試合も、115-107で敗れてしまった。

さらにウェスト7位のヒューストン・ロケッツにも敗れたクリッパーズ。

日本時間22日には強豪オクラホマシティ・サンダーと対戦する予定だが、この試合はクリッパーズの現在地を示す試合ともなるだろう。

そんな中、ベテランのJJ・レディックがチームの現状に言及した模様。the Orange Country Registerが伝えている。

「俺らは今の俺らの現在地を理解してるよ。サンアントニオ(・スパーズ)やゴールデンステイト(・ウォリアーズ)ほど良くない。月曜日(サンダー戦)は、間違いなく自分たちを試す試合になるだろうね。俺らは現状に納得してない。それは俺ら自身も分かってる」

「良いチームを戦う時、俺らのゲームには終わらせ方に問題がある。それは間違いない。悪いチーム相手だと、ゲームをちゃんと締めくくってる。なんでそうなるのか、俺には分からないよ」

ポール・ピアースやランス・スティーブンソン、ジョッシュ・スミスを加えたことにより、クリッパーズのベンチ層は明らかに厚みを増した。

だが、セカンドユニットはまだ結果を残すことができていない。

次のサンダー戦でどう改善してくるか、ドック・リバースHCの手腕にも注目が集まるところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA