クレイ・トンプソン 新年の抱負は「もっと相手の上からダンクを決める」

【スポンサーリンク】

今季はステフィン・カリーの影に隠れた感が否めなかったクレイ・トンプソンだが、先日のフェニックス・サンズ戦では43得点、ミルウォーキー・バックス戦では27得点と、徐々にギアを上げてきている。

トンプソンのギアがさらに上がれば、ウォリアーズはますます手に負えないチームとなるだろう。

一方で、3Pシューターとして知られるトンプソンは、もっと派手なプレイを好んでいるのかもしれない。

新年の抱負を聞かれたトンプソンは次のようにコメント。mercurynews.comが伝えている。

「もっと相手の上からダンクを決めること。そしてNBAファイナルの舞台で再びプレイすること」

なお、キャリア5年目を迎えているトンプソンは、これまで62本のダンクを決めてきているという。

また、相棒のカリーのほうがシューターとして優れているか聞かれたトンプソンは、こう返答した。

「少しだけね。そんなに差はないよ。彼が俺より良いシューターなんて俺が言えるわけないだろ?キャッチ&シュートでは俺のほうが少しだけ良いかもしれないね。だけど難しい質問。多分、彼は俺と同じくらい良いんじゃないかな」

“スプラッシュ・ブラザーズ”の躍動にはこれからも目が離せない。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By kobe24

    ジョーダン→コービーと受け継がれたトップSGの系譜ですがやはり、この二人と比べるとバトラーもハーデンもトンプソンも見劣りしてしまうんですよね…(・ω・)ノ1人は2回もスリーピートをし数々の伝説の試合を残したバスケの神様と呼ばれた男だし、かたやもう一人はその人がも自身の後継者と認める活躍ぶりをし、これまた歴史に残る81得点試合を展開しましたからね…(・ω・)ノやはりSGってCの次に人材不足なんだなって感じます…(・ω・)ノもちろんハーデンやトンプソン、バトラーも素晴らしい選手ですがやはりトップSGの系譜として見てしまうと…(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      そうですね・・・
      その代わりか分かりませんが、ポイントガードの層は厚い!
      バスケそのものが変わりつつありますよね。

*

CAPTCHA