ペリカンズ ガードのイシュ・スミスをシクサーズへトレード

【スポンサーリンク】

ニューオーリンズ・ペリカンズがトレードに動いた模様。

ESPNによると、ペリカンズとフィラデルフィア・セブンティシクサーズの間でトレードが成立し、ポイントガードのイシュ・スミスが現在1勝30敗と苦しい状況が続いているシクサーズへ移籍するという。

また、このトレードにより、ペリカンズはドラフト2巡目指名権を獲得するようだ。

今季からペリカンズでプレイしていたスミスは、27試合の出場で平均8.9得点、3.4リバウンド、5.7アシスト、FG成功率43.0%、3P成功率30.3%w記録。

昨季はオクラホマシティ・サンダーとシクサーズで通算55試合に出場し、平均6.1得点、1.8リバウンド、3.3アシスト、FG成功率39.0%、3P成功率30.0%を記録した。

2010年にキャリアをスタートさせた27歳のスミスは、これまでヒューストン・ロケッツ、メンフィス・グリズリーズ、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、オーランド・マジック、ミルウォーキー・バックス、フェニックス・サンズ、サンダー、シクサーズ、ペリカンズでプレイ。

2013-14シーズンのサンズ時代を除き、1シーズンを同じチームで過ごしたことがない。

また、シクサーズはガードのトニー・ローテンを解雇したことも発表している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA