ブルズ ウィングプレイヤー獲得目的でジョアキム・ノアとタージ・ギブソンをトレード?

【スポンサーリンク】

日本時間に12月19日に行われたデトロイト・ピストンズ戦を落とした後、シカゴ・ブルズは続くニューヨーク・ニックス戦、ブルックリン・ネッツ戦でも黒星を喫してしまった。

これにより、ブルズの順位はイースタン・カンファレンス6位まで落ちてしまったが、タイトルを獲得するためにも、この状況を一刻も早く改善しなければならないだろう。

そんな中、二人のビッグマンにトレードの噂があがった。

Yahooによると、ブルズは優秀なウィングマン獲得を狙っており、そのためにジョアキム・ノアとタージ・ギブソンをトレードで放出する可能性がある模様。

また、リーグのある役員が明かしたところによると、ノアかギブソンどちらかをトレードで放出する可能性がある一方で、優秀なウィングマンを獲得できるのであれば、ノアとギブソンをセットにしてトレードで放出する可能性もあるという。

フレッド・ホイバーグHCはよりスピーディーなバスケットボールを求めているため、トレードの可能性は否定できない。

ベテランシューターのマイク・ダンリービーが長期離脱しているということも、トレードの噂が出た要因のひとつだろう。

なお、今季のノアは25試合に出場した時点で平均4.5得点、8.8リバウンド、3.8アシスト、1.1ブロックショット、FG成功率40.7%、フリースロー成功率48.8%を記録。
出場時間の減少に伴い、ほとんどのスタッツでここ数シーズンを下回る数字にとどまっている。

一方のギブソンは26試合に出場し、平均7.2得点、6.0リバウンド、FG成功率50.0%、フリースロー成功率70.2%を記録。
ノアの契約が今季で満了となるのに対し、ギブソンの契約は来季まで残っている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA