ブレイク・グリフィン 大腿四頭筋腱部分断裂で2週間以上の離脱

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・クリッパーズのオールスターフォワード、ブレイク・グリフィンが、左の大腿四頭筋腱の部分断裂で少なくとも2週間は離脱する模様。クリッパーズが公式ホームページで発表している。

グリフィンは、日本時間26日に行われたロサンゼルス・レイカーズとのクリスマスゲームで負傷。

MRI検査を受けたところ、大腿四頭筋の腱が部分断裂していることが判明したという。

グリフィンは2週間後に再検査を受ける予定だ。

これにより、クリッパーズは27日からスタートするロード4連戦をグリフィン抜きで戦わなければならない。

キャリア6年目を迎えているグリフィンは今季、30試合に出場し、平均23.2得点、8.7リバウンド、5.0アシスト、FG成功率50.7%、3P成功率35.3%を記録。

グリフィン率いるクリッパーズは、17勝13敗でウェスタン・カンファレンス4位につけている。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 西

    グリフィン率いるサンダーになってますよ

    • By nba-sweetdays

      ご指摘ありがとうございます。

      助かりました!
      修正させていただきましたm(_ _)m

*

CAPTCHA