アンソニー・デイビス ペリカンズについて「いつもハードにプレイしてない」

【スポンサーリンク】

昨季までゴールデンステイト・ウォリアーズのアシスタントコーチを務めていたアルビン・ジェントリーがヘッドコーチに就任したことにより、今季のニューオーリンズ・ペリカンズには大きな期待が寄せられていた。

だが、31試合を終えた時点で10勝21敗、ウェスタン・カンファレンス14位と、期待された成績を残すことができていない。

すでにプレイオフ進出も厳しい状況に立たされた中、オールスターフォワードのアンソニー・デイビスが苦言を呈した模様。デイビスのコメントをnola.comが伝えている。

「俺らはいつもハードにプレイしてない。俺らファーストユニットが残りの試合のために、残りの選手たちのためにペースをセットして始まる。ファーストユニットから始まるんだ。そして、それは俺から始まる」

まだ22歳という若さながら、今季ここまでの成績に責任を感じているのだろう。

とはいえ、今季のデイビスは平均23.5得点、10.9リバウンド、1.3スティール、2.7ブロックショットと、昨季と遜色ない成績を残している。

序盤は負傷者が続出したということもあり、苦戦を強いられてペリカンズだが、ここからは将来につながるパフォーマンスを構築していきたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA