被弾のクリアンソニー・アーリーが退院

【スポンサーリンク】

日本時間31日、ニューヨーク・ニックスのクリアンソニー・アーリーが銃で撃たれるという事件が発生してしまった。

the Wall Street Journalによると、アーリーはストリップクラブの外で足を撃たれ、その後病院へ搬送されたという。

だが、不幸中の幸いか、すでに退院したようだ。

このことから、アーリーは重傷ではなかったことが分かるが、この事件でアーリーのプロキャリアが台無しにされてしまう恐れもあった。

ここ最近、多くのNBA選手が反銃暴力キャンペーンに参加している。

先週にもニューヨーク・ニックスのカーメロ・アンソニーが反銃暴力キャンペーンに関する映像でメッセージを送っていた。

その矢先の事件で、さらにチームメイトが銃で撃たれてしまったということもあり、アンソニーは強い怒りを覚えているようだ。the New York Daily Newsによると、アンソニーはこうコメントしているという。

「何かしないといけない。俺ら全員がターゲットになってしまう。どんに愛と平和をみんなに示したとしてもね」

キャリア2年目を迎えているウィチタ州立大学出身のアーリーは、2014年のドラフト全体34位指名でニックスに入団した選手。

まだ25歳と若いだけに、この困難をタフな精神で乗り越えてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA