最悪の事態を回避したクリアンソニー・アーリー「感謝してる」

【スポンサーリンク】

ニューヨーク・ニックスのクリアンソニー・アーリーは先日、強盗グループに襲撃され、膝を銃で撃たれた。

これにより、アーリーは3~4カ月程度離脱すると見られているが、生還できたことは不幸中の幸いと言えるだろう。

アーリーはInstagramに次のようなコメントを投稿した。

「銃で撃たれた。だけど弾丸は貫通したんだ。最悪の事態にもなり得たよね。そうならなかったことに感謝し、ありがたく思うよ」

ストリップクラブを後にしたアーリーはタクシーに乗っていたところを強盗グループの車に囲まれ、襲撃を受けた。

過去にはポール・ピアースなど重傷を負いながらも見事復帰した選手もいる。

アーリーにも完全復帰を期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA