デマーレ・キャロル 右膝の手術で離脱

【スポンサーリンク】

昨年夏にトロント・ラプターズと4年6000万ドルの契約を結んだデマーレ・キャロルが手術を受けた模様。

RealGMによると、キャロルは右膝を負傷し、日本時間7日にニューヨークの病院で関節鏡視下手術を受けたという。

怪我の種類や離脱期間などについては適宜発表される予定だが、長期離脱は免れないだろう。

昨季はアトランタ・ホークスでプレイしたキャロルだが、クリーヴランド・キャバリアーズとのプレイオフ・カンファレンスファイナル第1戦で左膝を捻挫。

今回は逆側の膝となるが、膝の負傷は再発する恐れもあるため、完治してから復帰してもらいたいところだ。

なお、今季のキャロルは23試合に出場し、うち22試合で先発。
平均32.0分のプレイで11.7得点、4.8リバウンド、1.0アシスト、1.7スティール、FG成功率38.8%、3P成功率37.8%を記録している。

ジャーニーマンとしても知られており、2009-10シーズンのデビュー以来、メンフィス・グリズリーズ、ヒューストン・ロケッツ、デンバー・ナゲッツ、ユタ・ジャズ、ホークス、そしてラプターズでプレイ。

キャリアでは通算339試合に出場し、平均22.3分のプレイで7.9得点、3.8リバウンド、1.2アシスト、1.0スティール、FG成功率45.3%、3P成功率36.8%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA