来夏FAのティモフェイ・モズコフにトレードの噂が浮上?

【スポンサーリンク】

昨季中のトレードでクリーヴランド・キャバリアーズに移籍したティモフェイ・モズコフは、今季終了後に完全FAとなる。

つまり、モズコフが他チームとの契約を求めるのであれば、キャブスは何の見返りもなくモズコフを手放さなければならない。

そんな中、モズコフにトレードの噂が浮上した。

だが、Yahoo Sportsによると、現時点でキャブスはモズコフをトレードで放出する計画を立てておらず、来年夏に再契約を結びたい意向だという。

とはいえ、もしモズコフがより活躍の場を求めるのなら、他チームと契約する可能性も十分ある。

今季はトリスタン・トンプソンに先発の座を奪われ、役割が減少してしまっただけに、他チームとの契約の可能性はゼロではないだろう。

もしトレードで放出しない場合、来年夏には多くのチームがモズコフにオファーを出すと予想されているようだ。

なお、トレード期限は日本時間2月18日となっている。

キャリア6年目を迎えているモズコフは昨季、キャブスでレギュラーシーズン46試合に出場し、平均10.6得点、6.9リバウンド、1.2ブロックショット、FG成功率59.0%、フリースロー成功率70.8%を記録。

今季は出場時間の大幅減に伴い、平均6.4得点、4.3リバウンド、0.8ブロックショット、FG成功率50.3%、フリースロー成功率80.9%にとどまっている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA