アルビン・ジェントリーHC ライアン・アンダーソンのトレード噂を否定

【スポンサーリンク】

先日、ニューオーリンズ・ペリカンズのライアン・アンダーソンにトレードの噂が浮上した。

ペリカンズは12月、マーキーフ・モリスとのトレードを実現するためにフェニックス・サンズと話し合ったというが、このトレードは実現していない。

ペリカンズが2月の期限までにトレードに動く可能性は十分あるだろうが、それはアンダーソンではないのかもしれない。

アルビン・ジェントリーHCはアンダーソンに関するトレードの噂について、次のように言及。nola.comが伝えている。

「ライアンのトレードについて、我々は一度も議題に挙げてないし、そうするつもりもない」

アンダーソンは今季終了後にFAとなり、アンダーソン本人が他チームとの契約を求めるのであれば、ペリカンズは見返りなしでアンダーソンを失うこととなる。

それだけに、期限までにトレードの噂はつきまとうこととなりそうだ。

なお、今季のアンダーソンは34試合に出場し、平均16.7得点、6.3リバウンド、1.1アシスト、FG成功率43.1%、3P成功率36.7%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA