デリック・ローズ「ブルズで引退したい」

【PR】

シカゴ・ブルズのデリック・ローズは2017年に現行の5年契約を終え、FAとなる。

ジミー・バトラーの台頭により、ブルズにおけるローズのポジションは低下しつつあるが、これまで以上のパフォーマンスを見せない限り、ブルズと再契約できるとは限らない。

バトラーとのケミストリーを高め、フレッド・ホイバーグHCの構想に不可欠な選手であるということを示さなければならないだろう。

そのローズは、キャリアをブルズ一筋で終えたいと考えている模様。ローズのコメントをESPNが伝えている。

記者:
「ずっと前に他のどのチームでもプレイしたくないって言ってたけど、それはまだ真実?」

ローズ:
「まだ真実だよ。まだ真実。息子のためにやってる。毎日彼と一緒にいたい。彼をここに呼び寄せてシューティングしたい。彼がボールボーイになるまで俺のシュートを見ててもらいたい。ただ彼を教育して、慣れた環境にいさせたいんだ」

記者:
「まだここで引退したいと思ってる?」

ローズ:
「確かにそう思ってるよ。確かにね」

今年の夏、ブルズはひとつの転換期を迎えるだろう。

パウ・ガソルとジョアキム・ノアはFAとなり、ブルズと再契約するとは限らない。

すべては今季の結果次第ということになりそうだが、ローズには息子のためにも奮起してもらいたいところだ。

なお、ミルウォーキー・バックス戦で膝を負傷したローズは、日本時間14日に検査を受ける見込み。

現時点では膝の腱炎と判断されている。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 一番搾り

    こうも、怪我続きじゃ厳しいだろうなぁ(*_*)
    良いプレイしたかと思うと負傷。
    少なくとも、サラリーを大幅に下げるか、トレードするか、いずれにせよ、今の待遇ではあり得ない。
    今のシカゴには、JBの方が重要だろうし。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      サラリーの引き下げでしょうね・・・
      今季の残りでどこまでやれるのか注目したいと思います!

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読