ケビン・デュラント「実はメディアが大好き」

【スポンサーリンク】

オクラホマシティ・サンダーのケビン・デュラントは先日「メディアはいつも俺らの粗を探してる」、「メディアは俺らのことを好きじゃない」とメディア批判ともとれるコメントを発した。

だが、メディアと仲良くやっていきたいというのが本音なのかもしれない。

デュラントはメディアへの想いを次のように述べた。Oklahomanが伝えている。

「実はメディアのことが大好きなんだ。誰かを嫌ってるなら、彼らと話したりしないよね。俺は彼らと交流しないし、彼らとジョークを言ったり笑ったりもしない。質問されたこと以上を話したりもしない。俺が彼らに同意しなくても、それは彼らのことを嫌ってるという意味じゃないよ」

「俺の主な目標は、ファンにもう少しだけゲームを知ってもらうということ。それが俺の目標であり、できればメディアの目標でもあってもらいたい」

トレードやラッセル・ウェストブルックとの不和などさまざまな憶測に怒りを爆発させてきたデュラントだが、あくまで根拠のない事実報道に怒りを感じているのかもしれない。

今後、デュラントとメディアの関係は改善されるのだろうか?

それを期待したいところではあるが、デュラントは今年夏に完全FAになるということもあり、今後もさまざまな噂や憶測が飛び交うことになるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA