ステフィン・カリー「スパーズがスタンダード」

【PR】

昨季王者のゴールデンステイト・ウォリアーズは今季も好調を維持し、現時点で40勝4敗、ウェスタン・カンファレンス首位に位置している。

一方でティム・ダンカン、マヌ・ジノビリ、トニー・パーカーのベテラン勢を擁し、グレッグ・ポポビッチHCが率いるサンアントニオ・スパーズは、36勝6敗でウェスト2位。

ウォリアーズをぴったりマークしているが、ステフィン・カリーはスパーズこそがリーグのスタンダートだと考えているようだ。

1999年から2014年の間にチャンピオンに5度輝いたスパーズについて、カリーは次のようにコメント。San Francisco Chronicleが伝えている。

「それこそが彼らがレジェンドとされている理由であり、レジェンドになろうとしてる理由なんだ。あの3選手とコーチ・ポポビッチは明らかに基盤になってる。だけど、彼らはキャリアを通してピースを加えることができてるし、ハイレベルであり続けてるよね」

「スパーズのユニフォームを着ると、みんなのレベルが彼らのレベルまで引き上げられる。それが最も印象的なことだね。彼らはスタンダードなんだ」

開幕猛ダッシュに成功したウォリアーズだが、スパーズは虎視眈々と首位の座を狙い、確実に追い上げてきている。

ラマーカス・オルドリッジが加わったことにより、ケミストリー面で心配されたこともあったものの、それもただの危惧で終わることになりそうだ。

誰が加わってもスパーズの強さは変わらない。

それこそがスパーズが長くトップクラスのチームであり続けている要因なのだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読