ブレイク・グリフィン「友人間でエスカレートしたことだった」

【スポンサーリンク】

間もなく復帰すると見られていたロサンゼルス・クリッパーズのブレイク・グリフィンだが、用具係のマティアス・テスティを殴ってしまったことにより、右手を骨折してしまった。

この骨折により、グリフィンはさらに4~6週間離脱。

クリッパーズとリーグはこの件に関し調査を進めるとしているが、グリフィンは自身の行為を後悔している模様。

グリフィンはTwitterでチームとファンに向けて謝罪した。

「今回の件は友人間でエスカレートしてしまったことであり、私が気にかけている人に対する自分自身の行動を後悔しています。クリッパーズの組織、チームメイトたち、そしてファンの皆様に謝罪したい。解決へ向けてチームと共に取り組み、できるだけ早く試合に復帰できるよう努めます」

Twitter上ではテスティへの謝罪が含まれていないが、すでに直接謝罪していると思いたいところだ。

なお、グリフィンとテスティは親しい間柄にあり、グリフィンとテスティは親しげにしている様子をこれまで何度もSNS上に投稿していた。

Don't believe me just watch…. @matit99

Blake Griffinさん(@blakegriffin32)が投稿した写真 –

Happy bday to my boy @matit99 and put some clothes on please.

Blake Griffinさん(@blakegriffin32)が投稿した写真 –

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA