ラマーカス・オルドリッジ Twitterアカウント削除の理由は「シーズンに集中したいから」

【スポンサーリンク】

今季からサンアントニオ・スパーズでプレイしているオールスターパワーフォワード、ラマーカス・オルドリッジが先日、Twitterアカウントを突然削除した。

タイミングが悪いことに、オルドリッジがアカウントを削除したのは、昨季王者のゴールデンステイト・ウォリアーズに大敗した直後。

そのため、巷ではウォリアーズに大敗を喫したことにショックを受け、アカウントを削除したのではという噂も出ているが、オルドリッジ本人がこの噂を否定。the San Antonio Express-Newsがオルドリッジのコメントを伝えている。

「現時点では、俺のシーズンに集中したかっただけなんだ。あの試合とは関係ないよ」

30点差という屈辱的な敗戦を喫したウォリアーズ戦で、オルドリッジは25分24秒プレイし、わずか5得点、3リバウンドに終わった。

だが、アカウントを削除し、シーズンに集中し始めたことが功を奏したのだろうか?

次のヒューストン・ロケッツ戦ではゲームハイの25得点、10リバウンドを記録し、31点差で快勝。

このパフォーマンスをシーズンを通して続け、ウォリアーズにリベンジしてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA