パット・ライリー「レブロン・ジェイムスはエリック・スポエストラを一度も解雇させようとしたことはない」

【スポンサーリンク】

クリーヴランド・キャバリアーズは先日、デイビッド・ブラットを電撃解雇した。

この解雇により、レブロン・ジェイムスは“コーチキラー”ではないのか?という議論が巻き起こっているが、マイアミ・ヒート時代にはエリック・スポエストラHCの解雇をパット・ライリーに進言したとも噂されている。

ライリーはスポエストラHCを解雇しなかったことにより、ジェイムスはクリーヴランド復帰を決めたとされているものの、ライリーによると、ジェイムスがスポエストラHCの解雇を進言してきたことはなかったという。ライリーのコメントをESPNが伝えた。

「彼(ジェイムス)から言われたことは一度もないよ」

「私も彼と同じような状況に二度陥ったことがある。私はロサンゼルスを出た。このストーリーから抜け出すまで10年くらいかかったよ」

コーチとしてロサンゼルス・レイカーズとニューヨーク・ニックスを指揮した後、ライリーはヒートへ移籍。

両チームを強豪へと押し上げた実績があっただけに、さまざまな噂や憶測に悩まされることもあったのだろう。

ライリーのこのコメントにより、ジェイムスの“コーチキラー”議論は終焉を迎えることとなりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA