ダーク・ノビツキー「カメラが回ってない時にコービー・ブライアントとビールを飲む」

【スポンサーリンク】

今季限りでプロキャリアに終止符を打つロサンゼルス・レイカーズのコービー・ブライアントは、将来的に間違いなく殿堂入りするだろう。

ブライアントのプレイを見てきたシカゴ・ブルズのデリック・ローズは先日、ブライアントについて「俺らの世代のマイケル・ジョーダン」と称え、さらにマイアミ・ヒートのドウェイン・ウェイドは「彼は俺にとって(越えるべきバー)だった。俺がリーグに来たとき、マイケル・自ジョーダンはいなかった。だからコービーが俺にとってのバーだったんだ」と話した。

そして、同じ時代を戦い抜いてきたダラス・マーベリックスのダーク・ノビツキーは、ブライアントと引退後の余生を楽しみたいと考えているようだ。ノビツキーは他の選手と同じように「コービーは俺ら世代のマイケル・ジョーダン」としたうえで、次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「カメラが回ってない時に俺らは一緒に過ごすと思うよ。ビールを飲んだり、1on1で勝負したりね」

「リーグは最も偉大な人間を失うことになるだろう。彼の闘う気持ち、彼のクラッチショットは俺が最も覚えてることさ」

そう話すノビツキーだが、先日のロサンゼルス・レイカーズ戦ではクラッチショットを成功させ、マブスに勝利をもたらした。

そのノビツキーをブライアントも祝福するシーンが映像に残されていたが、ブライアントは欠場したため、残念ながら二人の戦いはもう二度と見ることができない。

いつの日かブライアントとノビツキーは共に戦ってきた時間を語り合い、友情を深めるのだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA