ジミー・バトラー「デリック・ローズとプレイするのが大好き」

【スポンサーリンク】

これまで何度もケミストリーの問題を指摘されてきたされてきたシカゴ・ブルズのデリック・ローズとジミー・バトラーだが、ローズとバトラーが共にプレイした試合数はそう多くない。

まだ100試合にも届いておらず、それでもケミストリーの問題を指摘され続け、さらには不仲の噂まで浮上する始末。

バトラーとローズはその度に不仲の噂を否定してきたが、ケミストリー問題についても改善の兆候を感じているのかもしれない。Chicago Tribuneがバトラーとローズのコメントを伝えている。

ジミー・バトラー:
「(噂について)俺らは笑いながら話してるよ。試合をこなせばこなすほど、俺らはもっと気持ちよくプレイできるようになる。ローズとのプレイが大好き。彼はスーパーアグレッシブ。彼はすごいショットを決める。それって俺らが必要としてるものなんだ。彼があのプレイスタイルで牽引して、俺が付いていく限り、俺らは本当に良くなっていくと思うよ」

デリック・ローズ:
「(バトラーとのケミストリーは)常に良くなってきてる。これは俺にとって新しいことだし、彼にとっても新しいこと。エリートガードと一緒にプレイするというね。俺らはすごく若い。彼のプレイは素晴らしいよね。俺がいつも言ってるように、彼にはもっとシュートを打ってもらいたい。だけど、彼のショットセレクションも大好きだよ。彼がドライブで切り込んで、ファウルをもらう。それは俺らのチームを助けてくれるんだ」

ステイプルズセンターで日本時間1月29日行われたロサンゼルス・レイカーズ戦を皮切りに、ブルズはロード7連戦とハードなスケジュールをこなさなければならない。

現在26勝21敗でイースタン・カンファレンス5位に位置しているブルズにとって、このロード7連戦は大きなポイントとなるだろう。

このロード7連戦を前に、ローズとバトラーは二人で話し合い、互いのプレイを確認し合ったという。

試合を重ねるごとにどのようなケミストリーが構築されていくのか注目したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA