ステフィン・カリー「機会があれば73勝を狙う」

【スポンサーリンク】

現在44勝4敗でウェスタン・カンファレンス首位を走っているゴールデンステイト・ウォリアーズには、マイケル・ジョーダン時代のシカゴ・ブルズが1995-96シーズンに記録した72勝10敗越えの期待がかかっている。

とはいえ、まずはオールスターブレイクまでのロード7連戦を乗り越えなければならないだろう。

オールスターブレイク前の日本時間2月4日にはワシントン・ウィザーズ、7日にはオクラホマシティ・サンダー、10日にはヒューストン・ロケッツとの試合を控えており、これらの強豪チームを下すことが求められる。

また、オールスターブレイク後に潮目が変わる可能性も否定できない。

だが、現時点ではブルズが樹立した記録更新ペースにあると言っても過言ではない。

昨季MVPであり、今季も好調を続けているステフィン・カリーは、ブルズのレギュラーシーズン72勝越えについて次のようにコメント。Fox Sportsが伝えている。

「それ(ブルズの記録越え)について、俺らは話をしてるよ。だって聞かれるからね。俺らはそれにたどり着くのを恐れてないし、その機会があるってことも理解してる。俺らはそのペースにあるんだ」

また、最大の目標は連覇することであり、4月に選手たちが健康であることを最重視するとしたうえで、こう話した。

「もし狙える機会があれば、狙いにいく。あの記録を抜くチームになるチャンスはそう多くない。みんな今でも95-96のブルズのことを話してるよね。あの記録があるし、そして彼らはチャンピオンになったから。どっちも達成したい」

各チームとも打倒ウォリアーズへ向けてさまざまな案を模索し、トレードなどで補強を敢行することだろう。

それでもウォリアーズがブルズ越えを達成したなら、ウォリアーズ王朝の本格的な幕開けとなるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA