サム・ミッチェルHC「コービー・ブライアントが嫌いだった」

【スポンサーリンク】

ミネソタ・ティンバーウルブズの臨時ヘッドコーチを務めるサム・ミッチェルは、ウルブズがヘッドコーチとして率いる2チーム目となる。

初めてヘッドコーチに就任したのは、カナダに本拠地を置くトロント・ラプターズ。

2004年から2008年までラプターズを指揮していたミッチェルHCには、忘れられない悪夢がある。

それは、今季限りでの現役引退を決断したロサンゼルス・レイカーズのコービー・ブライアントがひとりで81得点をたたき出してしまったということだ。

そして、先日のレイカーズ戦では37歳のブライアントに38得点を献上し、敗戦した。

ミッチェルHCにとって、ブライアントは目の上のたんこぶのような存在だったことだろう。

そのミッチェルHCは、ブライアントについて冗談でコメント。thescore.comが伝えている。

「私は彼のことが嫌いだったんだ(笑)」

それに対し、ブライアントはこう冗談で返した。

「嫌ってくれてありがとう(笑)。ダブルチームに来るのが遅すぎたね」

残念ながら、レイカーズとの試合はこれが最後となってしまったため、ミッチェルHCにリベンジのチャンスはない。

両チームがプレイオフに進出すれば再び相まみえる可能性もあるが、おそらく難しいだろう。

ミッチェルHCにとってのブライアントとの日々はほろ苦い思い出となりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA