レブロン・ジェイムス「ヘッドコーチにはなれない」

【スポンサーリンク】

最近では“ヘッドコーチキラー”とも呼ばれるようになったレブロン・ジェイムスだが、現役引退後はどのような道に進むのだろうか?

最近ではミルウォーキー・バックスのジェイソン・キッドHCやニューヨーク・ニックスのデレック・フィッシャーHCのように引退後にすぐヘッドコーチに就任する者もいるが、ジェイムスはヘッドコーチに就任することを考えていないようだ。ジェイムスのコメントをCleveland.comが伝えている。

「ヘッドコーチにはなれないよ。些細なことでも批判されるだろ?想像できる?」

屈強なフィジカルでリーグ最高のアスリートと称されるジェイムスだが、ヘッドコーチに向いているとは限らない。

ましてや現役時代にこれだけ批判を浴びているのだから、さらに批判を浴びるヘッドコーチという職業にはうんざりしているのだろう。

現役引退後、ジェイムスはどのような人生を歩むのだろうか?

ビジネスをさらに展開していくのか、それともいずれかのチームのオーナーになるのか、それとも慈善活動に勤しむのか。

それが分かるのはまだまだ先のこととなりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA