チャンドラー・パーソンズ FA後のドワイト・ハワード獲得に動く?

【スポンサーリンク】

ダラス・マーベリックスのチャンドラー・パーソンズは、マブスにとってコート上だけでなくコート外でもキーパーソンなのかもしれない。

昨夏にはディアンドレ・ジョーダン獲得へ向けて熱心に動き、一時は契約合意までこぎつけた。

失敗に終わってしまったものの、パーソンズの働きは大きかったと言えよう。

そして、パーソンズは今年夏にも奔走することとなりそうだ。

USA Todayによると、パーソンズは元チームメイトであり、今季終了後にFAとなるドワイト・ハワード獲得へ向けて動くという。

ハワード勧誘について質問されたパーソンズは次のようにコメント。USA Todayが伝えている。

「確かに(勧誘に動く)。彼とはいつも話をしてるし、俺らのエージェントはダン・フィーガン。それにドワイトとは本当に親しくしてるし、彼と一緒にプレイしたのは、1年じゃ足りないよ。彼があのチーム(ロケッツ)に行ったのは、俺が大きな要因だった。だから、時が来たらまた彼に掛け合わないとね」

「俺らは今でもよく話をしてる。コート上でもコート外でも俺らは友達なのさ。ただ彼がFAになるという理由だけで俺が動くことはない。これまで築き上げた関係があるから動くんだ。彼にはまだ戦える力がある。昨季のプレイオフでは彼は支配してた。プレイできるような健康な状態であれば、彼はこのリーグで最も支配力のある選手のひとりだよ。それに、俺は彼のゲームのビッグファンだからね」

ロサンゼルス・レイカーズからFAになったハワードをロケッツに勧誘したのは、パーソンズだった。

それゆえに、パーソンズは今回も自信があるのだろう。

一方、ハワードがロケッツへ移籍した当時、オーナーのマーク・キューバンは「彼はいつか後悔することになるだろう」と話していた。

もしマブスがハワードを獲得した場合、キューバンのドヤ顔が目に浮かぶ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA