フィル・ジャクソン球団社長 複数の選手のトレードを検討か?

【スポンサーリンク】

デレック・フィッシャーを解雇したニューヨーク・ニックスは、早期再建へ向けて動き始めている。

ニックスのフィル・ジャクソン球団社長は、トレード期限となる日本時間2月19日までに複数の選手をトレードで放出する用意がある模様。ジャクソン球団社長のコメントをNewsday Sportsが伝えている。

「我々はこの球団を改善していく方向で見てる。それは間違いない。我々には良い選手は何人かいるよね。ケミストリーはかなり良い。タレントも良い」

「(トレードの)テーブルに置く選手が数人いる。だけど、他のチームと同じように、彼らは改善すると見てるよ。我々は議論を受け入れる」

一方、先日はカーメロ・アンソニーとクリスタプス・ポルジンギスにトレードの噂が浮上したが、ジャクソン球団社長はこれを否定した。

「カーメロはリーダー。我々はそれを理解してる。彼はこの球団と共に前へ進んでいく。我々はクリスを気に入ってる。みんながクリスを好きなんだ」

アンソニーにはトレード拒否権があるうえ、ジャクソン球団社長の発言を聞く限り、トレードで放出することはないだろう。

一方のポルジンギスにはトレード拒否権がないものの、成長中の選手を放出するとは考え難い。

果たしてジャクソン球団社長はどのような決断を下すのだろうか。

間もなく訪れるトレード期限に注目が集まる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA