マーキーフ・モリス アーチー・グッドウィンとの喧嘩について「何でもない」

【スポンサーリンク】

先日行われたゴールデンステイト・ウォリアーズ戦で、フェニックス・サンズのマーキーフ・モリスとアーチー・グッドウィンがタイムアウト中に口論を繰り広げ、チームメイトが割って入る喧嘩に発展した。

マーカス・モリスのトレード以来さまざまな問題を起こしているマーキーフ・モリスだが、少し自暴自棄になっているのだろうか?

モリスはグッドウィンとの喧嘩について次のように説明。ESPNが伝えている。

「あれは何でもないよ。もちろん悪く見えただろうね。俺がやることはすべて悪いことに見られるんだ」

両選手との試合には出場し続けたものの、サンズは104-112で昨季王者に敗れた。

この敗戦によりサンズは9連敗、通算14勝40敗と苦しい状況が続いている。

モリスにはトレードの噂が浮上しているが、サンズのフロントオフィスはトレード期限までに何らかのアクションを起こすだろうか?

なお、今季のモリスは37試合に出場し、平均24.8分のプレイで11.6得点、5.2リバウンド、2.4アシスト、FG成功率39.7%、3P成功率28.9%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA